背中ニキビ 手ぬぐい

背中ニキビを無くすには!手ぬぐいで身体を洗おう

夏になると肌の露出も増えますよね。中にはプールや海に行って水着を着る予定のある方もたくさんいるでしょう。そんな時に気になるのが背中のニキビではないでしょうか。

 

普段鏡で注意してみないとなかなか気が付きにくい背中のニキビですが、水着になったり肌の露出の多い服を着ると他の人には意外に目に留まるものです。どうせ水着を着るならきれいな背中で自信を持って着たいですよね。

 

今回はそんな背中ニキビの対処方法とお勧めの身体の洗い方について紹介します。
関連する記事:顔と背中ニキビのケアで使う石鹸について

 

まず、背中ニキビの原因となるのは皮脂の洗い残しで毛穴が詰まったり、反対に過剰に洗ったことによる乾燥によるものが考えられます。
その中でも特に多いのが洗いすぎによる乾燥ニキビといわれています。

 

毎日身体を洗う時にゴシゴシこすっていませんか?洗うときはナイロン製の固いタオルを使っていないでしょうか?これらは肌を傷つけ、潤いを奪ってしまうためニキビケアをするときにはあまり使わない方がよいといわれています。

 

最近では泡立てたボディソープを直接手につけて身体を洗う方もいるようですが、手ではなかなか背中の真ん中には届きません。洗いすぎももちろん良くないのですが、洗い残しがあるとこれもまたニキビの原因となるのできちんと洗う必要があります。

 

そこでお勧めするのが手ぬぐいを使って身体を洗うことです。
手ぬぐいはご存じのとおり横に長く、背中を洗うのにもぴったりです。

 

では、手ぬぐいで洗う方法です。
まず、ボディソープもしくは石鹸を手ぬぐいにつけて泡立てます。ナイロン製のものより泡立ちは劣るかもしれませんが心配はいりません。

 

手ぬぐいが泡立ったらクルクルと優しく肌をマッサージするように身体を洗っていきます。背中部分も手ぬぐいを肩から掛けるイメージで背中にまわし、背中の中心もしっかり洗うようにしてください。全身洗い終えたらあとは流すだけです。

 

たったこれだけの簡単な方法ですが、洗い上がりはさっぱりとしています。しかし皮脂を落としすぎないので肝心の潤いも残しているので肌がしっとりとしているのを実感できるでしょう。

 

今までお風呂上りはとにかく早くボディクリームを塗らないとカサカサして眠れない、といった乾燥に悩んでいた人もこの手ぬぐいで身体を洗うようになってから背中のニキビも出来なくなったといいます。汚れは落としつつ、肌に必要な潤いは残すことが出来る手ぬぐいで身体を洗い、背中のニキビを撃退しましょう。

 

そして自信を持って背中を見せることが出来たらいいですね!